スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告
145年間返却されなかった本がある
2006 / 02 / 05 ( Sun )
問題の本を図書館に返したのは、借りた人のひ孫。

その本はカリ―博士著の「熱病」という本で、シンシナティ医科大学図書館から1823年に貸し出された本である。

借りた本人が亡くなっているので詳しくは分からないが、図書館側も最初の数ヶ月は返却の督促をしていたようだ。

しかし、図書館の担当者も代わりその本の事は完全に忘れ去られていた

そして145年後の1968年、シンシナティ医科大図書館の印が押された本をひ孫が発見し、本を図書館に返却した、という事である。
スポンサーサイト
16 : 55 : 06 | 自慢できる雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東京ドーム何杯分ってどんな量? | ホーム | サザエさんの雑学>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://laschri.blog42.fc2.com/tb.php/111-71afecfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。