スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告
死刑執行手当て2万円の行方はいかに?
2006 / 03 / 25 ( Sat )

死神

死刑は執行された・・・


死刑囚の無念の断末魔が受け板がはずれる音と読経の声にかき消された。

日本の死刑執行方法は絞首刑です。
複数の死刑執行人がそれぞれボタンの前に立ち、一斉にボタンを押します。
すると死刑囚の足もとの床がガコンと割れ、死刑囚は約15分間くらい苦しみに
絶えなくてはいけません。
きっとその数分間が罪を悔いる裁きの時間なのでしょうか?
死刑執行人が複数なのは一斉にボタンを押せば果たして誰のボタンが当たりだ
ったのかわからなくなります。
そうすれば多少なりとも自分に降り注ぐ罪悪感が緩和されるからではないでし
ょうか?

死刑執行後は?
数名の看守によって体をキレイにし清潔な服を着せ、本人の希望により短冊、色紙、両親の写真と共に棺おけに納められます。
家族がある者にはすべて送り、ない者はしばらく保管した後、廃棄か焼却する。遺骨も引き取り人がない場合は無念仏として共同墓地へと送られます。

死刑執行手当ては?
これはずばり2万円っていうのは有名な話ですよね。
貰ってどうするか?
ここでそのまま居酒屋に直行!なんて人はきっといないと思います。
多くの執行人がそのまま寺に行き、もらった2万円で死刑囚の供養をしてもらうといいます。
そうでもしなければ命を奪ってしまったという重みに耐えられないそうです。

余談ですが、死刑という言葉を聞いて僕が思い出す映画があります。
それは「グリーンマイル」という映画です。
おそらく無実の罪で捕まった男がその死刑執行までのあいだに起こす奇跡と
看守達との友情の物語みたいなかんじです。
とても長いのですが飽きずに何度見ても涙腺が刺激されてしまう映画です。
スポンサーサイト
12 : 23 : 02 | ホントにくだらない雑学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<赤鼻のトナカイさんの雑学 | ホーム | オモシロ画像 普通えもん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://laschri.blog42.fc2.com/tb.php/200-820a42d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。